あなたをたくさん輝かす☆ 占星術・タロット・ブロック解除<2>

占い師です。占いをとおして、自分や相手の個性を認めあい、人と人がつながっていく世界をつくりたいと思い日々活動中です。

キューバのフィデル・カストロ氏の弟さん

こんにちは、谷口です。
いきなり ネタにつまった・・・。

トランプさんや、パク大統領さんを
みるには度胸が入りすぎる!
とはいえ、・・・・うんうん、射手座っぽく
お気楽にみればー、いいじゃん、的な気持ちもある。

ネタに詰まったなんて失言すみません!
ラウル・カストロ氏。

 

 

 

 

兄であるフィデル・カストロ氏は
太陽が獅子座で、どうやったって、
目立つであろう人でした。

 

兄、フィデル氏は、上半球には3天体しかなかったのですが、
火星、木星天王星
と、
はじけたり目だったりしちゃいそうな
天体だったのです。

 

くらべて、
ラウル・カストロ氏は・・・・。
双子座です。
ふたござは、とても情報を扱ったり、人の言葉の流れを
読むのが上手な人です。
 

自分からぐいぐい引っ張っていったり、
頑固さがあるのではなくて、
風のように流れてくるものを受けとめ、
また風に流すような人です。

 

これまた、占星術アスペクトの見本みたいに、

きれいな三角形がありますね。

太陽は、この図では

線がないけど、

天王星と60度のアスペクトをとれるとおもいます。
火星と水星が、
アスペクトとってるのは、若干、?? です・・・。

彼は、
自分のプライベートではとっても抑えて、

ストイックで、まじめで、規律正しい
人だったんじゃないかなと
思います。

家族や仲間意識がとても大きくて、自分を圧迫するほどに、
そちらを重視していたとおもう。
同時に、時々くる
自分一人でなにもかも変革したいような
衝動もあったと思う。


それを楽にするのは、自分のペースで

しゃべること、自分を満たすこと。
男性で満たすって、しかも、革命とかあった時代に・・・。
ちょっとどんなふうに満たしてたのかな、と
思います。
おいしいもの食べたり? とかかな?

自分を表現したい気持ちと
既存にあるものを、本当に心のそこからは信じずに、
自分のわきでるものを大事にするような。
そんな情熱も。
 

たまたま、裕福な家庭。
たまたま、兄がすごく活動していた・・・。

そして自分も国の統治者へ。

彼の太陽や火星や海王星
どんなふうに活かしていたのかなーと
考えていましたが、
フィデル氏の月てんびん―ラウル氏の太陽ふたご

なんかで、
お互いツーカーだったのかなと
思ったりしました。

1つだけのアスペクトでなんにも言えませんけどね。


(56人)