あなたをたくさん輝かす☆ 占星術・タロット・ブロック解除<2>

占い師です。占いをとおして、自分や相手の個性を認めあい、人と人がつながっていく世界をつくりたいと思い日々活動中です。

田房永子さんの本をよみ、占星術でも考える。

こんにちは、谷口です。

 

田房永子さんの本から

ブログを書いていました。

自分の中ではけっこう、大事というか、

「へえーー!!」と 連打したいくらいでした。

皆さんからしたらどうでしょうか。

http://ameblo.jp/star-358/entry-12250042279.html

 

さて、

私が今まで占星術
自分の母とのことを考えていたことを
書きたいと思います。

相性占い・・・。

恋愛や結婚に使うだけではない!!
占星術は相性は、仕事の上司や部下、

家族間、なんでも
できます。

 

いや、なんでもできる、って言ってて、

解決してなかったら、説得力 たりないか??

 

でも、自分と母の相性を考えて、

びっくりしたこともあって・・・。

 

まず、母の金星とわたしの月が

めっちゃ近い場所にあったのです。

これは、母のわくわく、楽しい(金星)と

わたしの リラックスしたスペース(月)が

似てるということ。

 

えええええええええ。

これだけみたら めっちゃ仲よさそうにも

みえるやん、

居心地よくも見える。。。、

 

これ見たときに なにこれ わたし 今までめっちゃ 母と

けんかしてますけど!!? って気持ちになりました。

 

でも、

うーん、この部分を使えてないのですね。

 

ほかには、

私の金星のなる部分に、

母の土星があります。

 

うわー、わたしの わくわく 楽しみ に母が 「制限をあたえる」

というわけです。

・・・・・これは、まあ親子にありがちな

相性かもしれません。

しかし、寂しいというか・・・。

 

人一人のホロスコープを読むときに、

土星は、小さいころは、自分の中の苦手意識なんですが、

だんだん使えてきて、 大人になったときに(30代とか)

そこが苦手だったのに がんばって対処してきたおかげで

かえって自信出てくる、

っていうところなんです。

 

しかし、親がいつまでたっても制限与えてても・・・。

いつかお互い自立していく存在ですからね。

 

そして、私の金星は、

時として、トランスサタニアンに変わるのです。

そうすると、

母の土星に対して、

「そんな常識いらんし!!」とつっぱねます。

かなりつっぱねます。

 

母からしたら 、土星は自分の中の大事な(大人になって自信もってる部分)

なのに、

それを こわっぱな娘に否定されて、

悔しいところです。

 

まあ、私と母はそういう関係が

すごく多かったと思います。。。。

 

 

あとは、

わたしは、母の太陽に 自分の木星をのせてて、

わたしは 母の太陽を受け止めるんだな、と

思いました。

 

あーー、こんなにさびしくも思ってるのに、それをどこかで

寛容に思ってるのでしょうか。

やめたいですね。

 

母がもし働いていたら、すごく活動的だったのではないかと

思います。

そのときは、わたしはすごく母を助けていたかも

しれませんね。

 

そんな感じの相性です。

田房さんの本をよみながら、

占星術の手法での相性で、改善を考える、でした。

 

 

シャンパンタワーの法則、

自分をまず満たす、そうすると周りが満たされる、

 

母の金星も

もっともっと使えていたら、

わたしの月も居場所がかわっていたかもしれませんね。